a bit of happinness

簡潔に分かり易く、をモットーに映画レビュー。

2021年6月に見た映画まとめ2

鉄拳 ブラッド・ベンジェンズ

f:id:RH6754:20210617012707j:image

スマブラに一八参戦記念。鉄拳のフルCG映画。

まぁファン向けですね。キャラの関係だとかは全部原作を知ってる事前提という感じでした。見所は終盤の三島親子三代三つ巴くらいかな。

てかシャオユウが主人公っぽいのに全然活躍しなかったのが…。真との仲も、もうちょっと掘り下げが欲しかったなぁ。餓狼みたいにスマブラで初めて知った人に気軽にオススメは出来ないと思います。最後の捨て台詞と言い、一八は完全に悪役…。

評価:★★☆☆☆

るろうに剣心最終章 The Beginning

f:id:RH6754:20210621210008j:imagef:id:RH6754:20210622000209j:image

映画るろ剣最終章二部作の締めであり、るろ剣そのものの始まりの物語。原作屈指の鬱&名エピソード・追憶編を映画化。

抜刀斎モードのガチな佐藤剣心による殺陣が存分に見られる貴重な映画。しかし今までと比べるとアクションの密度は薄めであり、あくまでも巴と剣心を繋ぐ悲壮な恋愛劇がメイン。アクションの密度は薄めとは言ったが、原作には無いマジの沖田vs剣心が見られるのは中々ニクい。有村架純の演技も中々ハマってたと思う。複雑な心境から今にも壊れてしまいそうな感じが堪らない。

ファイナルを見てたら必見の映画だと思う。あの映画の中にさえ宣伝演出をふんだんに盛り込んだだけあって、監督の本気を感じられた。原作を読んでる自分から見ても文句無しの作品でした。

評価:★★★★★

アラジン

f:id:RH6754:20210622173105j:image

定番ディズニー映画。

ジャファーは根本的にバカなんでしょうね。あの人心操作杖をもっと有効に活用すればよかろうに何故王様専用なんだ…。

人間、力や"見てくれ"よりも中身と知恵なのだと言う教訓を得られる映画。

評価:★★★☆☆

アラジン ジャファーの逆襲

f:id:RH6754:20210623005105j:image

アラジンの続編。

あいも変わらずジャファーはアホ…。苦しませながら殺したいと言うのは如何に悪役と言う感じではあるものの…。

タイトル通りのお話。前作の心残りな事に普通に決着つけた普通の続編でした。イアーゴは憎めないし救われて良かったと思う。

評価:★★☆☆☆